インドの商業映画は、都会に住む大衆にとって主な娯楽になっています。
こういった需要が高まるにつれて、制作プロダクションの数は増加し続けています。
ボリウッドは、映画製作数とその影響力ではりうっどについで2位にランクされており、映画製作数は途方もない数で増加し続けています。

インドの商業映画の上映時間はおよそ3時間と長く、これには一つの重要な特長を持っています。それはインド音楽です。ボリウッドのほとんど全ての商業映画は、観客を惹きつけるために、歌とダンスのシーケンスで定期的に割り込んでくるのです。一度Youtubeか何かで見てみてください。
この歌は踊っている俳優や女優によって歌われておりません。残念ながら。プロの吹き替え歌手によって歌われているのです。

ボリウッドの人気のある映画は、メロドラマと感傷的なものが入り混じっていて、喜劇、アクション、ロマンス、サスペンス、音楽が一体化しています。まぁ、何でもありということですね。チャンポンみたいなものです。
インドのヒット映画の明確なもう一つの特長は、勧善懲悪という善悪の判断に関する役割です。これらの役割は大衆を楽しませることを意図するばかりでなく、社会を正常に保つようにもしています。こうしたコンセプトは映画に不可欠な部分であり、政治的な力と文化的な力に反応して、何年も進化し続けているのです。

誇大宣伝やおびただしい数の製作本数、それにそれを見たい観客が多くいるにも関わらず、インドの商業映画は、他の産業と比較して後れを取っています。ここに、インドの商業映画産業の進歩を遅らせる原因となっている事実がいくつかあります。

インドでは、上映映画館数が少ないのです。インドは上映映画館数の少なさでトップにランクされている国なのです。これでは、インドの熱狂的な映画ファンのほとんどが映画を全然観られないことになるのです。需要と供給がまさには反比例しているのです。

インドの映画館の環境は標準以下です。インド国内のスクリーンの2/3が、一つのスクリーンしか持たない単館映画館なのです。こうした映画館は安い入場料金で集客しているので、短期的ではなく長期的にこの産業に影響を与えているのです。

繰り返し言いますが、入場料金が安すぎるのです。実際にインドは、大ヒット映画となるものもつくっています。しかしある地域の入場料は1.8ドルであり、これは中流階級を保護するために政府によって取り決められているのです。このような価格では、映画製作と上映はリスクの多いビジネスとなっているのです。

インドの商業映画には、高い税金が課されています。映画ビジネスを金銭的に逼迫させるサービス税等の他の費用も存在します。

インドでは、著作権侵害の問題も蔓延しています。インドを訪問してみてください。
そうすれば、不法なDVDを販売している数十人の行商人と出会うことでしょう。
さらに不法なダウンロードを促すたくさんのウェブサイトもあります。

こうしたこととその他の力学が働き、商業映画の期待された成長を妨げているのです。品質の高い人気のある映画が増えているにも関わらず、インドの映画がハリウッド映画と比較して、いまだに評価が低いままであるのは、こうしたわけなのです。「シャー・ルク・カーン氏」が出る人気のヒット作が、『ミッション:インポッシブル』よりも多く視聴されてきましたが、ライバルのハリウッド映画と比較して、決してハッピーエンドになっていないことに同意せざるを得ないのです。

【参考】
https://mutiny.wordpress.com/2007/02/01/bollywood-vs-hollywood-the-complete-breakdown/

https://www.forbes.com/sites/robcain/2015/10/23/indias-film-industry-a-10-billion-business-trapped-in-a-2-billion-body/#d436cdb70d28