映像の効果と活用方法

色々と分析調査の結果をみると、1分間の映像を使えば、180万語以上の言葉を使って話すより効果が高く、チラシなどをダイレクトメールで送るより6倍の効果があり、ただの文章にリンクを貼り付けたよりは、ネット上でシェアされる確率が12倍高くなるようです。 統計結果がここまで違ってくるのはなぜでしょうか? 動画なら人の目、耳、知性、感情を引きつけることができるからです。 だからメッセージを世間に伝える手段としては最も効果的なのです。 これが世に広く知られるようになり、映画はニュースを伝える手段としてではなく、娯楽用に制作されるようになりました。 さらに世界中で広告に映像が使われるようになったのです。 CM映像から話を始めましょう。お客様がイベント主催の仕事をされているのなら、普段からイベントの映像を録画しておきましょう。 プロのカメラマンが映像を撮影するような、定期開催のイベントの場合、その映像を楽しい時間を思い出に残すための商品としてだけでなく、次回のイベントの予約者数を増やし、もっと多くの人にイベントに参加してもらうための宣伝材料としても活用しましょう。 動画を使って宣伝をするには、数えきれないほど様々な方法があります。 たとえば、イベント会場の宣伝なら、一流タレントが会場を使用している映像を記録してCMの一部に挿入すると、宣伝効果はとても高くなります。 募金集めのCMを流す必要があるとしましょう。その場合は、貧困・ホームレス・障碍を持つ人々などをテーマにした映像を作成すると効果的です。 こういった映像には、人々の感情を刺激する効果があり、募金額は間違いなく増えます。 コカ・コーラ社などは、ブランドイメージを高めるため、多額の予算を使っています。 2014年に同社は34億6千万ドルを広告予算に使いました。この会社の戦略はどういったものなのでしょう? コカ・コーラ社のCMには、人々の感情に直接訴えかける仕掛けがあるのです。だから投資額に見合う結果が出ているのです。 他にもありとあらゆる、企業、NGO、スポーツイベント、慈善事業団体等が、CMを活用してして視聴者に自分たちの活動を認知してもらい、メッセージを伝えているのです。 CM動画を使った宣伝の効果を上げるには、目的に合うSNSを選んで配信することも、すごく大事です。 Instagram、Pinterest、YouTube、vine、Vimeoなど色々な動画配信手段があります。 気を付ないといけないのは、各SNSそれぞれには、独自の得意分野があるということです。 サービス内容や動画クオリティーのレベルも色々と違うので、ターゲットとする視聴者層にベストマッチするSNSを選んでください。 映画の場合、芸術性よりも売り上げを伸ばすことの方が大事です。 映画を制作する目的は、そもそも収益を出すことです。要するに、お金を払って見てくれる視聴者に喜んでもらうことを最優先にして、製作する必要があります。 映画を制作するには、俳優、脚本家、映画監督、その他の様々なスタッフを雇うために多額の資金が必要です。観客動員数が多く、さらに批評家からも高い評価がもらえるような、一流作品にしないといけません。 映画をヒットさせるには、あらゆる手段を使う必要があります。SNSも活用し、CM映像を流すチャンネルを出来るだけ増やす必要があります。 プロモーション動画を公開するタイミングも大事です。予算の都合が付けば、CM映像を作成するだけでなく、実際に人や物を使ったプロモーション活動もやった方が良いでしょう。 今までお話ししてきた通り、映像はメッセージを伝える効果が最も高い手段の1つです。商品製作段階の間だけでなく、その後の売り込みに重点を置く段階に移ってもその効果は続きます。 インターネットが普及したことで、「世界中の数えきれない」視聴者をマーケティングの対象にすることが可能となり、以前とは状況がまるで変ってしまっています。 動画は費用対効果が不透明と言われがちですが、動画を活用したプロモーションは実際は大きく効果を出しているのです。